【神待ち】家出少女掲示板

神待ちをする女性・利用するサイトを地域別に紹介しています

神待ち家出少女体験談

神待ちしていた好みの女性がフリーだったのセフレにした話

投稿日:2018年6月27日 更新日:

好みの女性を見つけたら、セフレでもいいから側に置きたい』…これが男の本音でしょう。恋人にできればなお良しではありますが、相手との出会い方によってはそれも難しいため、それならばとセフレにしたくなりませんか?

セフレはただのセックス相手ですが、男にとって好みの女性というのは『セックスしたくなる女性』ってことですから、セフレでも定期的に会えるなら案外気になりません。むしろ、彼女と違って別れるときも簡単だし、好都合かもしれませんね。

で、神待ちしている女性を泊めていたら、時折好みのタイプもいます。

この前泊めた25歳の神待ちさんはまさにその通りでして、性格は結構クールですが性欲は強めで、セックスのときは甘えてくるようなタイプです。

セックスするまでの会話でも「見た目も文句ないし、セフレにしたいな」と思っていたので

神待ちサイトで約束した場所で落ち合った直後から

ねえ、よかったらセフレにならない?そうすれば、またいつでも泊まりに来られるよ」と誘いました。

もちろん、最初から上手くいったわけではありません。

軽い感じで誘ったので、「あはは、今日だけで大丈夫ですよ~」と笑いながら遠慮したので

私も「そっか。彼氏もいるよね?」と受け流したのです。

今はフリーですし、しばらくはいらないかな?」と返事をしたのでますますセフレにしたくなりました。

神待ちしていた好みの女性がフリーだったのセフレにした話

フリーでなくともセフレにはできますが、やっぱりフリーのほうが面倒も起きにくいのです。

それで私が取った行動とは、『絶倫を活かしてヘロヘロになるまで感じさせる』というものでした。

セックスをすると分かるのですが、なかなかエッチな面もあり、私が丁寧な愛撫をするといい顔付きになったのです。

だから愛撫で1回いかせてから挿入し、それからも2回ほど絶頂させます。

この間、私も2回ほど射精していますが、絶倫なので復活は容易です。

ギンギンなペニスを見ると「ま、まだできるんですかぁ?…もう無理ですよぉ…」とぐったりしていました。

それを無視して後ろから突くと抵抗はせず、「やだ、ダメ…なにも考えられない…」と喘ぎ

そこで私が「相性が最高で何度もできちゃうし、やっぱりセフレになろうよ」と再度誘ってみた。

神待ちしていた好みの女性がフリーだったのセフレにした話

すると「なる、なるからぁ…今日はもう勘弁してぇ…」と必死に嘆願してきたので、3回目を出して解放しました。

勘弁してとは言うものの、セフレをOKするあたり気持ちよかったみたい。

神待ちからセフレになって、今も会うときはやりまくりですよ。

地域別に家出少女・女性を探す

地域で神待ちを探す

厳選神待ち掲示板

出会える神待ち掲示板

-神待ち家出少女体験談
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

神待ち女性と出会うなら自分のプロフィールはシンプルにしよう

神待ち女性と出会うなら自分のプロフィールはシンプルにしよう

数ある神待ち掲示板でどの掲示板を利用するにしても、必要な事が『プロフィール情報』。全ての出会いに共通するのが相手の情報です。ここがしっかりとした詳細が無ければどんな相手かもわからず連絡をするにも気が引 …

神待ちの攻略法

神待ち掲示板で「おうちエッチ」のメリットとデメリット

神待ち掲示板では男性は家出少女に対して食事と泊まる場所を提供する必要があります。 そのため神待ち掲示板を利用している男性の多くは夕方に駅前で待ち合わせをして外食をしてラブホに行ってセックスをしてそのま …

神待ちで売れないアイドル発見しました

神待ちで売れないアイドル発見しました

神待ち掲示板で家出少女探しをしていたら、驚くことがありました。タイトルの通り「売れないアイドル」を見つけました。(笑)個人情報に関わるんで名前はもちろん出せません。でも売れてなくても間違いなくアイドル …

no image

美人な神待ち女性はアソコも綺麗でシックスナインが捗った

男性にとって女性の体はどこを見ても興奮しやすいですが、やっぱり一番興味があるのはアソコ…つまり女性器でしょう。ここは男性器を受け入れるための部分であり、ある意味もっとも分かりやすい男女差だと言えます。 …

no image

神待ち女性が可愛すぎて家に着くまでの間もずっと勃起していました

男性の性欲というのは、適度に発散することが重要です。ムラムラするのは子孫を残すための本能として必須ですが、現代社会では無闇に繁殖するわけにもいかないので、人間の性欲というのは過剰になりがちでしょう。 …

神待ち