【神待ち】家出少女掲示板

神待ちをする女性が利用するサイトを地域別に紹介。

神待ち家出少女体験談

神待ちで割り切り希望する女性は絶対に相手にしない方が良い

投稿日:

神待ちで割り切り希望する女性は絶対に相手にしない方が良い

未だに出会い系サイトで、割り切り希望や援交の中を持とうとする男女は多いですが神待ちでも男女共に割り切りや金銭目的で近づこうとする人もいます。結論から言うと、絶対に相手にしてはいけないです。少額でも犯罪なので絶対に許してはいけませんよ。

援交目的の神待ちは未成年の確率が高い

確かに神待ちしている女性や少女で、『金銭的にきつい』から

使っている人も多いですが、金銭の受け渡しは絶対にご法度です。

しかし体目的でなく、ただ純粋に援助をするのであれば問題はないと思いますが。

そしてこういった割り切り援交目的の相手は『年齢を偽った未成年』がいる可能性もあります。

今、出会い系サイトや出会い系アプリは18歳未満は絶対に利用出来ないので

安全ですが、無料の掲示板などで神待ち少女を探すのは危険過ぎます。

更に100%居ないとは言えないですが中には『美人局』が紛れて

強面の男と組んで、脅迫される可能性もあるので

やっぱり金銭の受け渡しはやめておいた方が良いです。

どうしてもと迫ってくる女性や少女だったら

食事をおごるか泊まる場所を提供するなりに留めておきましょう。

割り切りにあたる境界線

上でも書きましたが、割り切り(援交)にあたる部分は

金銭の援助をする代わりに、相手とセックスをする事で

これが未成年に当たると、児童買春・児童ポルノ禁止法違反になります。

実際に過去にこういった事件がありました。

50代の警察官がテレホンクラブで知り合った当時16歳の女子高校生に現金1万円を渡し、わいせつな行為をしたとして同じく逮捕されています。
相手が「18歳未満だとは知らなかった」
当時16歳だった被害児童の証言内容が途中で変わったことなどから「性行為前に17歳だと告げた」という証言は信用できないとされましたが
当時この児童は金髪で肌も日焼けしていたなど、外観が実年齢よりも上に見える余地も十分にありました。
メールでの交渉段階では『18歳』と自称していたこともあり、以上を考慮して、最終的に「年齢を知っていたとは言えない」と判断され、無罪になっています。

このように、男性が圧倒的不利な状況と思われていても
しっかりとやり取りを残しておいたおかげで無罪になった例もあります。
もし仮に相手が18歳だと偽ってきても、録音やメールに記録が残るようにしておくと良いです。
やり過ぎに思えても、出会い系サイトを使って相手と会うのであればこれくらいは当たり前だと割り切りべきです。

まとめ

神待ちしている女性や少女と出会って、やらせる代わりに金銭要求をしてきた場合は
絶対に断るべきですし、バレなければいいではいつか痛い目にあうのは見えています。
そして年齢の確認は徹底するようにして、神待ちを楽しむべきでしょう。

地域別に家出少女・女性を探す

地域で神待ちを探す

厳選神待ち掲示板

出会える神待ち掲示板

-神待ち家出少女体験談
-, ,

関連記事

神待ち掲示板だからこそ不誠実な人は避けたい

神待ち掲示板だからこそ不誠実な人は避けたい

神待ち掲示板を利用する男性に誠実さを求める事は難しいかもしれません。 これが恋人募集や婚活サイトであれば話は別です。 真剣に出会いを求めている誠実な男性も数多く存在しているでしょう。 しかし神待ち掲示 …

相性が良いと神待ちしている女性と同棲に発展することも・・・

相性が良いと神待ちしている女性と同棲に発展することも・・・

人間って男側だけが体を求めているわけではありません。そして体の相性が良くて喜ぶのは女性もなんです。『女性ってセックスする時も男が求めてくるから基本的には好きじゃない』なんて思っているのは間違いなく経験 …

神待ちサイトで知り合った女子大生

神待ちサイトで知り合った女子大生

神待ちサイトで知り合った女性大生と最近頻繁に会っています。去年の夏の話なんですが、出会いはもちろん神待ちサイト。夏休み真っ只中、家でゴロゴロ暇すぎて出会い系サイトに手を出しました。そんな時に出会ったの …

神待ち掲示板でフェラの時間を短くする方法

神待ち掲示板でフェラの時間を短くする方法

神待ち掲示板を利用している家出少女の中にはフェラが苦手という人も少なくないでしょう。 しかし男性に食事と泊まる場所を奢ってもらっている訳なので出来る限り男性のセックスの要望も聞き入れなければいけない状 …

神待ちとは、家出をした少女・女性にとって頼れる存在であること

神待ちとは、家出をした少女・女性にとって頼れる存在であること

出会い系の中で生まれた『神待ち』という単語。元々神待ちと呼ばれる前は家出少女としか呼ばれていませんでした。しかし家出を繰り返していた少女達が助けてくれた男性を『神』と崇める意味で『神=男性』『待つ=少 …

神待ち