【神待ち】家出少女掲示板

神待ちをする女性が利用するサイトを地域別に紹介。

神待ち家出少女体験談

神待ち掲示板のプロフィールには身長を低く書いた方がモテる?

投稿日:

神待ち掲示板を利用する時にプロフィールを作成しますよね。
この時年齢を2~3歳サバよんで年下に書くという女性は少なくありません。
やはり神待ち掲示板を利用している男性は若い女性が好きという人が多いため若い方が確実にモテ度がアップするからです。

恋人として真剣に付き合うための出会いであればプロフィール詐称は嘘つきという印象を与えるため完全にアウトだと言えます。

しかし神待ち掲示板では1晩限りの関係で終わる事が大半だからこそプロフィールだってモテるために多少の詐称は構いません。

では年齢以外にどのような点でサバをよめば男性からモテるのでしょうか?

食生活などのライフスタイルの変化により平均身長は高くなってスタイルのいい子が増えましたよね。

しかしながら男性はスタイルのいい子が好きなのかというと実はそうではありません。

手足が長くスタイルがよくても自分よりも身長が高い女性は無理と考える男性は少なくないからです。

神待ち掲示板のプロフィールには身長を低く書いた方がモテる?

また男性は本能的に身長が低い女性の方が可愛いと感じる傾向があります。

では身長が低い女性がモテる理由について紹介していきます。

まず身長が低い方が実年齢よりも若く見られます。

世の中にはロリコン男性も少なくありませんが実際に18歳未満の女性に手を出してしまうと犯罪になってしまいます。

ですが18歳以上で身長が150cm以下の女性を探せば合法ロリとなる訳です。

それに身長が低い女性は男性と目を合わせようと思ったら必然的に上目遣いになりますよね。

男性は女性から上目遣いをされるとドキッとしてしまいます。

さらにキスをする時に届かなくて背伸びをされるとキュンとするでしょう。

このように身長の低い女性に対して男性は庇護欲がそそられて優しくしたいと思うのと同時に征服欲も刺激される存在だと言えます。

身長が低いと身体が小さいので体重も必然的に軽くなります。

そのため身長が高い女性相手には出来ないプレイでも身長が低い女性であれば体重を支える事が出来るためプレイの幅が広がります。

神待ち掲示板を利用する男性は癒されたいという気持ちやエッチをしたいという下心を持っています。

そしてそれらが同時に満たされる最適な相手として身長が低い女性が選ばれるという訳です。

なのでもしあなたが身長が160cm以上あったとしても数センチサバをよんで身長を158cmとプロフィールに書く事でモテ度は変わってくるでしょう。

あとはヒールの高い靴をはかずにスニーカーなどをはけば数センチぐらいサバをよんだところでバレる事はありません。

地域別に家出少女・女性を探す

地域で神待ちを探す

厳選神待ち掲示板

出会える神待ち掲示板

-神待ち家出少女体験談
-,

関連記事

浮気をしていた彼女と縁を切って神待ち掲示板で新彼女探し

浮気をしていた彼女と縁を切って神待ち掲示板で新彼女探し

久しぶりに怒りに震えました。6年付き合っていた彼女が浮気をしていたんです。それも2年間も。がっくりしたし何より同棲もしているので自分が居ない間に浮気相手を家にあげてやりたい放題していた事に怒りを覚えま …

神待ちしたいが為に出会い系サイトを使ってみた結果

神待ちしたいが為に出会い系サイトを使ってみた結果

神待ち掲示板って凄いですね(笑)ちょっとびっくりしました。今年に入ってはや一週間経ちましたが・・・。俺が神待ち掲示板で出会った女性はもう4人!!たった一週間でここまでガチで出会えるとは思ってもいません …

神待ちとは、家出をした少女・女性にとって頼れる存在であること

神待ちとは、家出をした少女・女性にとって頼れる存在であること

出会い系の中で生まれた『神待ち』という単語。元々神待ちと呼ばれる前は家出少女としか呼ばれていませんでした。しかし家出を繰り返していた少女達が助けてくれた男性を『神』と崇める意味で『神=男性』『待つ=少 …

コンビニで拾った神待ち少女

コンビニで拾った神待ち少女

神待ち家出少女と出会えました。真夜中、小腹が空いたんでコンビニに買い出しに行った時に外でたむろっていた少女が一人いました。誰もが一度は見たことがある光景だと思います。しかし今は冬です。寒いです。そんな …

自分はこうして神待ち少女と出会っています

自分はこうして神待ち少女と出会っています

インターネットを通じて女の子と会ってイチャイチャしたいと思っても、思っているだけではそれは実現しません。かつてはぼくも妄想族でした。妄想するだけで特に行動は起こさない、そんな人間でした。今は違います。 …

神待ち