【神待ち】家出少女掲示板

神待ちをする女性が利用するサイトを地域別に紹介。

神待ち家出少女体験談

「彼氏がいるからキスはなしで」という神待ち女性も感じてくると自分からディープキスをしてきた

投稿日:2020年7月5日 更新日:

神待ち掲示板で1日のセックスの平均回数は?

セックスのとき、キスしたがる女性はとても多いです。セックスするならキスは当然するのですが、女性はこのキスというのを非常に大切に考えているのか、キスしながら突いていると締まりやすくなることも多いでしょう。

女性のアソコは感じるとよく締まるため、キスというのは手軽にセックスを盛り上げる行為だと言えるでしょう。ただ、女性にとってのキスは『好きな相手への愛情表現』という意味合いも強いため、「エッチなことはしてもいいけど、キスはちょっと…」なんて言う人も本当にいます。

男からすれば「エロいことをするならキスだって似たようなものじゃん…」と言いたいかもしれませんが、その辺は感性の違いというやつです。男性は自分の目線を無理に押し付けず、きちんと女性の意見を聞いた上で考慮してあげましょう。

私がこの前泊めた神待ち女性も、「彼氏がいるからキスはなしで」なんて言っていました。結果としてそれは口だけになったものの、「やっぱり、女の子にとってキスは特別なんだなぁ」と思いましたね。

彼氏がいるのに神待ちをするというのもわけが分からないかもしれませんが、『タダで泊まれる』と思ったらあっさり行う女性もそれなりにいます。給料日前できつかったり、終電を逃したりしている状況であれば、手軽に宿泊先を見つけられて便利なのですね。

この女性も彼氏とケンカしているわけではありませんが、飲み会で遅くなったからと神待ちをしていました。彼氏の家が近ければそちらへ行くでしょうが、残念ながら離れた場所に住んでいるらしく、ほかの男の家へ行くしかなかったのです。

彼氏持ちであることを先に伝えてきて、それでキスについても指定してきました。私としてはセックスできればそれで良かったので、「キスしたくないなら別にいいよ」という感じで受け入れたのです。

しかし、最初にも書いたように、女性はセックスが始まるとキスがしたくなる生き物です。私はじっくり相手を感じさせるのが好きで、この日も丁寧に愛撫していたのですが…こんなに丁寧に愛されると思っていなかったのか、相手もすっかり盛り上がってしまいます。

その結果、自分からキスをしてきたのです。しかも舌を絡めるディープキスであり、最初に自分が言ったことはすっかり忘れているかのようでした。セックスが終わったら少しだけ居心地が悪そうにしていましたが、私が「可愛かったよ」と褒めたら、ちょっとだけ嬉しそうに引っ付いてきたのです。

やはり、キスなしのセックスは女性にとってもの足りないのでしょう。

地域別に家出少女・女性を探す

地域で神待ちを探す

厳選神待ち掲示板

出会える神待ち掲示板

-神待ち家出少女体験談

関連記事

神待ち掲示板で家出少女を長期自宅に泊める

一度セックスをしたらまるで中毒になってしまったかのようにハマったので神待ち掲示板のチェックが日課になりました

人間が大きく増えた理由の1つは、『セックスが気持ち良すぎるから』だと考えています。もしもセックスが苦痛を伴う行為であれば積極的に交尾をすることはなく、人間の数は大きく減少したでしょう。もしくは、絶滅し …

自分はこうして神待ち少女と出会っています

自分はこうして神待ち少女と出会っています

インターネットを通じて女の子と会ってイチャイチャしたいと思っても、思っているだけではそれは実現しません。かつてはぼくも妄想族でした。妄想するだけで特に行動は起こさない、そんな人間でした。今は違います。 …

平成生まれの出会いの主軸はマッチングアプリ

神待ち掲示板を利用している家出少女の必需品は?

家出をする時は荷物を持って移動する事と大荷物では家出だと一目でバレてしまい警察から補導されるリスクが高まる事を考慮して必要最低限の荷物にまとめるべきです。 ですが家出が初めてだと一体何を荷物に詰めれば …

あのアーティストに激似の神待ち少女

あのアーティストに激似の神待ち少女

たまに芸能人に激似の人っていますよね。僕が最近出会った神待ち少女で、あの人気歌手の西野カナに激似の子に出会いました。あまりに似過ぎて『本人じゃないよね?』と何度も聞き返していたくらいです(笑) 激似な …

神待ちとは、家出をした少女・女性にとって頼れる存在であること

神待ちとは、家出をした少女・女性にとって頼れる存在であること

出会い系の中で生まれた『神待ち』という単語。元々神待ちと呼ばれる前は家出少女としか呼ばれていませんでした。しかし家出を繰り返していた少女達が助けてくれた男性を『神』と崇める意味で『神=男性』『待つ=少 …

神待ち